早いうちから英会話は習うべきか

現在の日本はグローバル社会を迎え、ますます英語力が求められる時代ではないでしょうか。
日本人は他の国の人々に比べて英語力が劣る原因の1つは、小学生から大学まで母国語での学習が可能なことが挙げられます。日本に留学した学生が図書館に行き、日本語の本しかないことに驚いたという話に、日本人学生か驚いたという実話がありますが、日本人は学習する上においては母国語で学べますから有利ですが、他の国の学生のようにもっと上の学校で専門的に学習したい場合は、必要に迫られて他国の言葉を覚えなければならないという環境ではありませんので、英語の習得にも遅れがでます。

日本人は中学~高校の6年間を教育(英会話、留学)されているのにも関わらず、殆んどの人が話せません。教科書中心で文法ばかり学んでも言語力は身に付きませんので、教育(英会話、留学)を根本から見直す必要があります。

そこで現在は幼稚園から、教育(英会話、留学)するところも増えてきましたし、小学校では公用語の教育(英会話、留学)を少しでも早く行い、英語に触れまず慣れることから始め、中学生になったらある程度のコミュニケーションができるような指導を目指しています。

24時間切れ目のない家族のような生活支援・介護・医療サービスを心がけています。

言葉は人間しか話すことができない特別なものですし、意思の疎通をする上で大事なツールです。英語を話せることにより、様々な国の人と交流をすることで、視野や世界観も広がってきますのから、教育(英会話、留学)は早い段階で始めるのがベストです。
我々日本人は、日本語をいつ話せるようになったのか覚えていません。無意識のうちに耳から言葉を覚え、正しい発音ができるようになりました。

これは日本語に限られたことではなく、どんな言語であっても子供の耳は柔軟に吸収します。子供の頃には全ての言語が習得できるニューロンという細胞があると言われています。しかしニューロンは、今の環境に必要ないと分かると退化してしまいます。言語のニューロン細胞が生きているのは8~10才までと言われており、それまでに英語などの他国の言語を聞いていないと、脳の中で英語の回路が育ちません。大人になってからでも話せるようにはなりますが、皆一様に口を揃えて発音で苦労すると言います。子供のような柔らかさがなくなると苦労することが分かります。

教育(英会話、留学)の理想は、日本語が理解できるようになった8才くらいから始め、アルファベットは後回しして、音楽やゲームなどを取り入れ、楽しくコミュニケーションしながら発音を身に付けるのが最高の状態です。